我が家の日常は非日常

我が家は二人の身体障害児を含む妻と子供4人のごく普通(?)の家族です。

またまたてんかん発作です

先週に続き長女がてんかんの発作を起こしました。

今朝4時30分から吐き気と意識障害が始まり、今回は躊躇せず救急要請!

発作も救急要請も数を経験しているので慣れてきました。←ってよくない事ですが。。

 

奥さんが子供を見ながら受診の準備をして、私が119番。落ち着いて状況を伝えます。

「火事ですか、救急ですか?」の問いかけから始まり、場所、誰、状況と言った順番で説明をしていきます。

 

電話が終わり着替えを済ませるとすぐに救急隊が到着します。

救急隊に再び状況説明をしつつ、子供の観察を始めます。

搬送先はかかりつけの大学病院が受け入れ可能だったためすぐに決まりました。

 

救急車内は色々な医療機器であふれています。うちの子は心電図と血圧計、サチュレーションモニターをつけました。

 

早朝であったこともありますが、病院へは15分程度で到着し治療開始です。

 

とは言ってもけいれんを落ち着かせる点滴を入れた程度で休んでから帰宅となりました。

 

午後に主治医が来るためもう一度来院してくださいってことで帰ってきました。

 

もちろん仕事は急きょ休みを取りました。